FC2ブログ
 

スタジオうさぎ official blog

2011~2012(年末年始)インド旅日記(19)サンチー遺跡

宮殿ホテルに戻りランチを頂いてから 
①ホテル  ②ほてる2  ③ホテルランチ

サンチー遺跡に行きます 北東へ約40km専用バスで走ります
段々と舗装された道路からデコボコの土の道路に変わり
バスは 土煙をたてながら上下左右に揺れ走ります
しばらく走っていると 丘の上にインド最古の仏跡 サンチー遺跡が見えてきました
④デコボコ道  ⑤デコボコ道2  ⑥丘の上のサンチー

⑦サンチー入り口  ⑧世界遺産看板  ⑨ストゥーパ

紀元前3世紀 アショーカ大王が ここに最初のストゥーパ(仏塔)を建てたと
現地ガイドの説明がありました 第1ストゥーパ~第5ストゥーパまでありますが 
今では原型をとどめていない物もありました
この当時は ブッタを直接描いてはいけないとされていて 
代わりに菩提樹の木を 悟りのブッタとして描かれていたり 蓮の花はブッタの誕生
車輪はブッタの説法 足跡と王座はブッタの存在 と象徴的に描かれています

北門 東門 南門 西門と4つの門には ブッタのさまざまな説話が刻まれています
ブッタが空へ続く道を上がっていく場面が描かれていたり 
マーヤがブッタを懐胎したときに見たという 月の上に立つ象の夢と ブッタの誕生 
そして ブッタが涅槃に入る場面など これら全部 ブッタを象徴的に描いています
⑩門  ⑪門説話  ⑫サンチー門と私

紀元前3世紀 アショーカ大王が建てたサンチー遺跡は 
仏教がだんだんヒンドゥー教に取り込まれていくと ここは廃墟となり
忘れ去られていったそうです その後イギリス軍将校が ここを発見した後
財宝目当てに沢山の人が 押しかけてきて サンチー遺跡が傷つけられましたが
少しずつ 修復作業が始まって そして世界遺産にも認定されて
現在の姿に復元されたと 話を聞きました (まだ少しずつ修復しているそうです)
⑬道路工事
道路を直していました
 
長い年月をかけて 当時の美しさが蘇ってきています
お日様がだんだん落ちていくのを見ていると 当時のままの姿が見えるようでした
⑭日没
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

インド旅行記読んでます、ついに終盤になりました。サンチーの夕日素晴らしかったですね。飲めない私から。

| URL | 2012年04月16日(Mon)22:09 [EDIT]


Re: 読んでくれてありがとうございます


飲めない私さん、コメントありがとうございます。
はい、ついに終盤になりました。
いつも読んでくれてありがとうございます。
後、何話かで終了となります。
もう少しお付き合い下さいね。

スタジオうさぎ | URL | 2012年04月17日(Tue)21:34 [EDIT]


 

トラックバック