スタジオうさぎ official blog

2012年北インド・リシケシ ヨガ研修の旅日記(7)リシケシ④

夕食の後 下のゲストハウスに戻り 各自の部屋で ゆっくりと
ここの リシケシ・アシュラムで 初めての眠りにつきました

次の朝 気持ちよく目覚め 朝の瞑想クラスと 朝のアーサナクラスを受けて
心と身体が開き そして解れて 清々しく一日が始まりました

食堂で朝食を頂きます メニューはイデリ(ヨーグルトで発酵させた蒸しパン)と 
サンバル(豆と野菜のスープカレー) と チャイです
①朝食
全員が揃ったら 皆でマントラを唱えて そして頂きます

イデリは フワフワッとしていて優しい素材の味です 
サンバルは 少し酸味があってさっぱりとした味です 両方とも朝食にぴったりで
とても美味しいです どれもおかわり自由で給仕係が よそってくれます
食事が終わると自分の使った食器を 流しで洗い片付けます

ヨガ修行者は 昼食と その後夕方のクラスまで 各自が自由に過ごします
何ヶ月も滞在している修行者は 自分の部屋を掃除したり 洗濯をしたり 
本を読んだりと 思い思いに 過ごします

私達は ガンジス河の対岸の バザールに出かけます
オートリキシャー(三輪車)に乗りました ガイドのチャマンさんを入れて11名が
小さなオートリキシャーに全員乗りました ぎゅうぎゅうのすし詰め状態です
はたして 定員は何人なんでしょう?(定員はあるの?)
②オートリキシャー
皆で楽しく 「キャーキャー」言いながら このすし詰め状態で 
オートリキシャーは ゆっくり坂を上がって行きます 
つり橋の少し前で オートリキシャーを降りました ここからは橋まで歩いて行きます
歩いていると ロバが大きな荷物を乗せてこちらに向かってきます
③ロバ②  ④ロバ①

牛は のんびり道の隅で休んでいます 仕事をしているのはロバやヤギです
牛は神様のお使い(ナンディー)なので インドの何処でも牛はのんびりとしています
(野良牛も沢山います)

そしてしばらくして 大きなつり橋(ラクシュマン・ジュラー橋)を渡ります 
そのつり橋の下はガンジス河が流れています
 
やはり 暑いです 気温は40度超えているのでは?
近くのカフェ(ガンガー・ビーチ・カフェ)で そのガンジス河を見下ろしながら 
お茶を頂きました ラッシー(飲むヨーグルト)が 乾いたノドを潤し とても美味しかったです
⑤ガンガービーチカフェ

カフェを出て 両端にお店やさんが並んだバザールを見ながら歩き
その中の アクセサリー屋さんで 素敵なブレスレットがあったので 
値段の交渉をしましたが 値引きが無く少し高かったので 買いませんでした 
果物屋さんでは マンゴーを皆の人数分 買いました
(後で ゲストハウスの部屋で頂きました 甘くて美味しかった) 

そして 帰りは暑いので 車に乗って帰りました

スポンサーサイト

2012年北インド・リシケシ ヨガ研修の旅日記(6)リシケシ③

夕方のヨガアーサナクラスが終わり 
その後18時30分~19時30分まで 瞑想のクラスに参加しました
瞑想ホールに入ると 中は暗く落ち着いた雰囲気が漂っていました
目が慣れてくると壁には 大きな人間の絵と各チャクラも描かれていました
①チャクラ①  ②チャクラ②

そして それぞれ各自が安定する座法で座り 
正面の少し高くなった所に 瞑想の先生が座っています
その先生が少しずつ 瞑想を深めて行くようにと お話をしながら誘導していきます 
クラスは全部英語で解説されています 
残念ながら私の英語力では半分しか理解できません 
でも ヨガクラスで心も身体もほぐれ ひらいた余韻の中で ゆっくり呼吸をして 
自己の身体を見つめての瞑想は だんだん身体を忘れて 
大きな何か(宇宙?)と一つになっていく そんな感覚になっていきました

しばらくして瞑想クラスが終わりました 
夕食の時間です 今回初めてのアシュラムでの食事です
 
食堂に移動をしました 食堂の入り口に食器が置いてあります 
各自がその食器を持ってテーブルに着きます
すると 給仕係がお皿の上に料理を一人ずつ配って 盛り付けてくれます

以前行ったインドの南のシバナンダアシュラムでは ヨガ修行者がカルマヨガ(奉仕)として
それぞれ役割を決めて 給仕係や掃除係など 自分達が行っていましたが
ここのニケタンアシュラムでは 給仕の人がいて私達は頂くだけでした(感謝です)
(日曜日の朝だけ お掃除のカルマヨガ(奉仕活動)があります)

食事は毎日メニューが変わります 今日はパーパル(豆の粉で作った薄いお煎餅)と
ベジビリヤーニ(野菜のチャーハン)とダール(スープ状の豆カレー)と生野菜
そして チャイ(スパイスの入ったミルクティー)です
③夕食
ヨガアーサナや瞑想の先生達 そして私達ヨガ修行者 皆がそろったところで 
先生達が食事の前に 感謝のマントラを唱えます 
それに続いて私達もマントラを唱えました

オーム サハ ナーヴァヴァトゥ
OM SAHA NAAVAVATU  (私達ヨーガを教える者と習う者をお守り下さい)

サハ ナウ ブナクトゥ
SAHA NAU BHUNAKTU   (双方が神のご加護を喜んで受けられますように)

サハ ヴィリャン カラヴァーヴァハイ (神のお導きで聖典の真の意味を理解できますように)
SAHA VIRYAM KARAVAVAHI

テージャスヴィ ナヴァディタマストゥ        (私達の学習が実を結びますように) 
TEJASVI NAVADHTAST

マー ヴィドゥヴィシャーヴァハイ         (私達が決して争うことがありませんように)
MA VIDVISHAVAHAI

オーム シャンティ シャンティ シャンティ シャンティ  (平和でありますよう 平和でありますよう 
OM SANTIH SANTIH SANTIH SANTIH  平和でありますよう) 

マントラの後 食べられる事に感謝をして美味しく頂きました

7月のヨガタロウ

今月のヨガタロウは うさぎ柄の浴衣を着て七夕祭りをしています   
ヨガタロウは スタジオで皆さんを お待ちしています
七夕ヨガタロウ

スタジオに是非見に来てくださいね!