スタジオうさぎ official blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張ヨガ 

昨日 白岡の中学校で 出張ヨガを行って来ました
天気予報では 雨との事でしたが 幸い雨は降らず
約20名の方が 参加して頂きまして 
気持ちの良い汗を掻いて 心も身体もほぐして頂けました
せいが中学①  せいが中学②

ありがとうございました そしてお疲れ様でした

是非また 機会がありましたら 一緒にヨガを行いましょうね!
花束も頂きまして ありがとうございます
せいが中学花束

スポンサーサイト

ゆっくりお話をしましょう

スタジオ受付のスペースに テーブルと椅子を置きました
スタジオ、テーブルとイス
そして インドのお茶(チャイ)を ご用意しています
レッスン終わりに お茶を飲みながらゆっくりして下さい
会員さんとのおしゃべりや インストラクターと話をしながら
ヨガレッスンでほぐれた身体を 感じ 
そして余韻を楽しんで頂けたらと思います

レッスン終わりだけではなく スタジオの近くにお越しの際は
是非お茶を飲みに スタジオに寄って下さいね
お待ちしています

2012年北インド・リシケシ ヨガ研修の旅日記(5)リシケシ②

ヨーガニケタン・アシュラムで 夕方のヨガアーサナクラスに参加します
アシュラムは丘の上にあります
私達の泊まっているゲストハウスは ガンジス河沿いに建っているので
丘の上のアシュラムに行くのには アシュラムの入り口から階段を上がって行きます
これがかなり大変で 毎回上がったり下ったりと 
ゲストハウスから アシュラムの往復はそれだけで修行です

ヨーガニケタン・アシュラムの一日の時間割です
04:30~       起床
05:00~06:00  朝の瞑想
06:30~07:30  アーサナ
(07:00~08:00  プジャ)
08:00~       朝食
12:00~       昼食
15:15~16:00  講義
16:00~       ティータイム
17:00~18:00  アーサナ
18:30~19:30  夕べの瞑想
20:00~       夕食
22:00        消灯

ヨガアーサナクラスを受けるのには まだ時間があるので
16時からのティータイムで お茶を飲みます チャイを頂きました
このアシュラムのチャイは 香辛料があまり強くない優しい味のチャイです
熱いチャイをゆっくりと飲んでいると 心も身体も温まり ホットした気持ちになりました

そろそろ ヨガアーサナクラスの時間です
食堂からすぐ隣のヨガホールに移動をして ヨガを受けます
⑥アーサナホール  ⑦アーサナホール②  ⑧ホール
大きなヨガホールに入ると 床はじゅうたん敷きになっていて
入り口近くにヨガマットが積み重ねてあります 
そこからマットを持って そして敷いてそのマットの上でヨガを行います
(マットは使い込まれていましたが きれいで清潔です)
ホールの壁には 太陽礼拝のポーズの写真や チャクラの絵と解説文と
身体の構造の絵が掛けてあります
⑨太陽礼拝写真  ⑩チャクラ解説  ⑪身体の構造

ヨガレッスンは 最初のマントラを唱えて 太陽礼拝から始まりました
何回も何回も太陽礼拝を行い じわっと汗が出て身体が温まり 
そして心も身体もほぐれてきました
太陽礼拝の中に英雄のポーズや三角のポーズなどが入り 
少し動きの早い形で 更にレッスンは進められていきました

いつも私達が行っている ヨガアーサナより早く進んでいくので
初めはついて行くのに 戸惑いがありましたが だんだん慣れてくると
身体のすみずみまで内観をしながら ただただ無心に行えました
気持ち良い疲労感を感じ しばらくその気持ち良い疲労感を楽しみながら行い
そしてシャヴァアーサナに入っていきます
その気持ちの良い疲労感が 少しずつ溶けていくような感覚の中で
シャヴァアーサナから目覚めていきました
そして終わりのマントラを唱えて ヨガアーサナクラスが終わりました

クシュ・ヨーガ

7月からクラスが少し変わります 

日曜12:00~13:30の バランスヨーガが クシュ・ヨーガに変わります

クシュ・ヨーガ
毎金曜日20:30~22:00  毎日曜日12:00~13:30(日曜日は7/1~)
呼吸と笑顔を大切にしながら ハタヨガをベースに行います
アーサナ(ポーズ)の間に自己観察を入れることで 緊張と弛緩を
身体に覚えさせていきます
経絡ヨガ(気の流れを良くする)や 笑いヨガを取り入れながら
余分な力を抜いて 楽しく行っていきます
担当  長谷川 友希

その日の体調や 気分に合わせて 違うヨガも是非お試し下さいね!
宜しくお願い致します

2012年北インド・リシケシ ヨガ研修の旅日記(4)リシケシ①

ハルドワールから 車は更に北へと走り ガンジス河の上流へと向かいます
山道をくねくねと登り 三方山に囲まれたヨガの聖地リシケシに入り
しばらくすると 私達が泊まる ヨーガ・ニケタンアシュラム 
ゲストハウスに到着しました
1ゲストハウス  ②ゲストハウス  ④ゲストハウス    
ここは ガンジス河沿いに建てられているので 各部屋のベランダから
ガンジス河が見下ろせます 早速チェックインをして 
皆さんは 各自の部屋に行き 荷物を下ろしていただきました

このゲストハウスの基本は ツインの部屋で 
バスルームと ワンルームと ベランダが付いています
バスルームには 小さな洗面台と トイレと 固定されたシャワーと
その下には蛇口があります 蛇口の下には 大きなバケツが置いてあって 
それにお湯を入れて体を洗います
(私の部屋は シャワーの水圧が低くて シャワーで体を洗え無いけれど
蛇口からは熱いお湯が豊富に出たので 快適に体を洗えました)
⑤ゲストハウス部屋  ⑥ゲストハウス・バスルーム
部屋には 木のベットが二つ置いてあり エアコンと天井には
大きな扇風機が付いています
(今年は 例年より暑くないので エアコンは使わず 
扇風機だけで十分涼しかったです) 

荷物を整理してから お昼ご飯を食べに町に行きます
ガンジス河の対岸のレストランに行くので 小さなボートに乗りました
一人10ルピー(約20円)です 沢山の人を乗せて 5分ほどで対岸に着きました
⑦ボート  ⑧ボート  ⑨ボート

⑩ボート  ⑪ボート
ボートを下りると ごちゃごちゃとしたバザール(商店街)を通り
その中のレストランで昼食を頂きます  ターリーを注文しました
ターリーは 丸い大きなお盆のようなプレートの中に 
小さなカップが プレートの周りに幾つか並べてあり 
真ん中にはチャパティが置いてあります
小さなカップには カリフラワーとジャガイモのカレー 豆カレー
そして野菜のカレーとサラダ ヨーグルト ご飯が 少しずつ 
沢山の種類が頂ける定食です
⑫ターリー
このリシケシ全部が ヨガの修行の町なので ベジタリアン食です 
お肉屋さんも魚屋さんもありません お酒も飲めません
この町のレストランのカレーは 辛いのもありますが 
これから寝泊りするアシュラムでの食事は刺激物も食べられないので 
カレーも辛くない 修行食となります

美味しくターリーを頂き ゲストハウスに帰ります 
帰りはボートに乗らずに歩いて帰りました
ごちゃごちゃとしたお店屋さんの間を通り 
大きなつり橋(ラム・ジューラー橋)を渡りゲストハウスに帰ってきました 
午後からアシュラムでの ヨガアーサナクラスと 瞑想クラスに参加するのに 
時間が少しあるので 部屋で一休みしました

6月のヨガタロウ

今月のヨガタロウは?
ウエディングドレス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。