スタジオうさぎ official blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年 インド旅日記(17) モラルディ デサイ ヨガカレッジ

デリーに戻ってきて いよいよヨガの研修をします
デリーから車で約30分位の所に ニューデリーがあります
ここは官公庁のある所で 今回のヨガ研修は インドの公のヨガスクールで
インド人が通うヨガの学校です
[モラルディ デサイ ヨガカレッジ]と言って
高校生や大学生が 授業の一環としてヨガを学ぶ所だそうです
ヨガ研修学校 026

外人は私一人しか居ませんでした
ヨガ学校 私 028

多分チャマンさんのお陰で ここでヨガを受けられたのかと思います
今までインドで何回か ヨガ研修を受けて来ました
それぞれ皆 とても良い経験になりましたが
今回は純粋な インドのヨガを 受ける事が出来ました
言葉も英語では無く インドの言葉で ヒンディー語でした
英語でもヒンディー語でも 私にとっては どちらも良く解らないのですが
でもヨガを行っている時に 指導する先生の ヒンディー語の響きが
とても良くて アーサナも呼吸も 身体に染み入って来るようでした

学校の中に入ると いくつかの教室が並んでいます
その中の一つの教室には 大きな黒板があり アーサナの名前が書いてありました
学科の講義があるようです
学校教室内 023

もう一つの教室では 制服を着た高校生ぐらいの若い子達が
20~30人ヨガを学んでいました

廊下の壁には いろいろなアーサナや呼吸のポスターが貼ってあります 
学校ポスター① 020   学校ポスターいろいろなポーズ 010

私が受けるクラスの教室で 待っていると だんだんと人数が多くなってきました
20歳代の若い人が多くて 私の隣も若い女の子でした
時間になってレッスンが始まり 先生がヒンディー語で何か話しています 
私が キョロキョロと 周りを見ていたら 隣の女の子が
英語で通訳をしてくれました 
一生懸命通訳をしてくれていたので 私は さも英語が解るように
うんうんと うなずいていました ごめんねそしてありがとう
(後でチャマンさんから ヨガのヤマ ニヤマの解説をしていたと聞かされました)

しばらくしてアーサナに入り スタジオと同じハタヨガだったので 
気持ち良く動けました

始めに皆で マントラを唱えます 皆の声が重なり響き合い 
体の奥底まで響き渡りました そして心が落ち着き 
身体を内観しながら 英雄や三角やコブラや木そして太陽礼拝
などを行い 気持ちの良い汗が じわっと出てきた頃には
身体もすっかりほぐれました

その後は スカプールバカの呼吸をしました 
左の鼻孔から呼吸をし 右の鼻孔から呼吸をし 陰陽のバランスが整い
自律神経も整ってきました

そしてその後 シャバアーサナでリラックスしました
心も身体も 一つになり 何とも言えぬ浮遊感を味わい
正に宇宙との一体感を感じました

先生の優しいヒンディー語で 意識を呼び起こされ 
シャバアーサナから目覚め 心の奥の所から
なんだか段々 優しくなって行くような 感覚を覚えました

その後 先生が何かを言ってから 急に笑い出しました
すると皆も笑い その笑いの渦が段々大きくなって 
私も自然に笑っていました 「もっともっと」と先生が言います 
更に笑っていると 心から笑っている私がいました
終わった後も 楽しい気持ちがずーと続いていました
笑うヨガ(ラフターヨガ)でした
「心と体は やはり一つに繋がっているんだな」と
実感し直しました 

学校ポスター太陽礼拝 015   学校ポスター② 021

アーサナクラスが終わり 私はメディテーションクラスを受けるので
先ほどの教室から移動して メディテーションクラスの教室で待っていると
アーサナクラスで隣だった若い女の子が 英語で話しかけて来ました
身振り手振りのジェスチャーで 英語も解らないのを伝え 誤りました
このジェスチャー方式は 結構伝わる物だなと 自分でも関心しました
(言葉は解らなくてもコミュニケーションはとれます 心で伝わるのかな?)

メディテーションの先生が入ってきて クラスが始まりました
アーサナクラスより人数が少なく 15人ぐらいで皆が輪になって
それぞれが 気持ちの良い座法で座り 知恵の印を作り 目を閉じ
ゆっくりと呼吸をします しばらくゆっくりの呼吸をしていると
皆の呼吸が一つになって そしてそれが 大きな玉のようになり 
その大きな玉は 更にどんどんと大きくなって
輪郭がぼやけて 宇宙に広がっていくような 感覚になってきました
ヨガ八支則の プラティアハーラ から ダラーナ ディアーナと深まって行く感覚です

どのくらいの時間が過ぎたのでしょうか?
一瞬だったような すごーく長かったような 時間の感覚は無かったです

先生の歌うようなマントラが 少しずつ身体に入って来ました
認識が出来るようになってから私も 自然にマントラを唱えていました

今までの自分では無いような 生まれ変わったような
今までに感じた事の無い 新鮮な気持ちが 身体の一つひとつの細胞に
染みわたっていく感覚になりました

今回のインドヨガ研修でまた少し 私の中でヨガが 深まった気がします
まだまだヨガは奥深いので もっともっと ヨガを深めていきたいと痛感しました
あせらずに私なりに 一歩一歩です

長期にわたって [2009年 インド旅日記] を読んで頂きありがとうございます
これで完結とします
今回のインドの旅で 沢山の人と出会い沢山の事を経験し
ヨガの幅も 人間の幅も 大きく広がったように感じます
この経験をスタジオでのレッスンや これからの生き方に 
生かして行きたいと思います
ありがとうございます


 帰りの飛行機の中でインドからの最後の試練(激励?)を頂きました
 (帰りの飛行機は座席に着いている時間より  ある一つの場所に居た方が多かったです)

スポンサーサイト

バンダ

今日は バンダ のお話をします

レッスンの中でポーズ(アーサナ)を保っている時や 呼吸法を行っているときに
「バンダ」という言葉が出てきますが 「バンダってまだ良く解らない」
と いう方や 「なんとなく解っているけれど 実践できない」という方
必見です

バンダ=引き締める という意味です 
体内のエネルギー(プラーナ)を調整したり
エネルギー(プラーナ)が体外に逃げてしまうのを防いで保持するために行います

大きく分けて3つあります
1 ムーラーバンダ 肛門(会陰部)を引き締める
2 ウディアナバンダ 腹部を引き締める
3 ジャーランダラバンダ ノドを引き締める

たとえば 木のポーズ(ヴリクシャアーサナ)で保っている時に片足裏は大地を感じています
この時にムーラーバンダ 肛門(会陰部)を引き締める を行うと 安定感が高まり
地に根を張るイメージが湧いて バランスが 取れやすくなります

そして うつむきの犬のポーズ(アドー・ムカー・シュヴァーナアーサナ)
などで保っている時に ウディアナバンダ 腹部を引き締める
を行うと内臓機能が高まり 消化 吸収 排泄作用が調整されます

鋤のポーズ(ハラアーサナ)などで保っている時に ジャーランダラバンダ 
ノドを引き締める を行うと ノドの部分にある甲状腺が刺激されて 
甲状腺ホルモンのバランスが整い 代謝がよくなります

そしてこの3つのバンダを行うと 体の中にエネルギー(プラーナ)が通りやすくなり
チャクラも開きやすくなってきます

「バンダをすると 呼吸が止まり 体が堅くなってしまう」と言う方は
首をすくめないで 余分な力は抜いて ゆっくり呼吸をして下さい
(クンヴァカ=止める 保息 がありますが この話は次回します)

頭で考える のではなく 体で 体感して下さい あせらず じっくりです
そして体の中を内観しましょう
力強く しかし 柔らかなイメージです

バンダは 姿勢を安定し プラーナが滞りなく流れ
ゆっくり気持ちよい呼吸ができて 瞑想状態を深めてゆきます

では レッスンで体感しましょう

2009年 インド旅日記(16) デリー地下鉄

珍しくほぼ定刻通りにデリー駅に到着しました
deri-駅252

改札口を出て オートリキシャーに乗り 
deri-オートリキシャー 051

デリーの バザールに向かいます
デリーは相変わらず 沢山の人や車で込み合っています

オートリキシャーを 降りて街中を歩きました 
沢山の屋台が並んでいます
クッキーのような物を売っている人
deri- 屋台  クッキー売り

パーパル(揚げ煎餅のようなもの)を作って売っている人
deri-屋台  パーパル売り

衣類を売っている人 などなど
deri-屋台   Gパン売り 054

屋台で出来立てのお菓子[ラドゥー]という
ココナッツとアーモンドで出来たお団子と
[ジャレヒ]という黄色い輪の形で蜜の入った甘いお菓子を
買い 歩きながら食べました

その後 もう少しバザールの屋台やお店を見てから
地下鉄乗り場に行きました

地下鉄の入り口には セキュリティーチェックをする人が
立っていて かばんの中の確認や ボディーチェックなどを 
受けてから入ります
 
改札口の前には 自動切符売り場があり お金を入れると
コインのような切符が出てきて そして改札口に入り 
電車のホームに続きます
中は とてもきれいで ゴミ一つ落ちていませんでした

この地下鉄(デリー・メトロ)はまだ新しくて
2002年に一部開通して 2010年には全部開通する予定だそうです
(予定は未定で確定ではない・・・神のみぞ知る のようです)
車 バイク オートリキシャー サイクルリキシャー 人や牛で
ごった返している 上の道とはまったく違う[デリー・メトロ]
どんどん進んで行くインドを垣間見ました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。